2014年8月24日日曜日

捨てたジャンクプリント基板の行方は、、、

先日のこと、10年ぐらい溜めたジャンクプリント基板を燃やさないゴミの日に捨てました.

分解好きなのでなんでも分解してしまい、プラスチックの筐体や板金はすでに捨てましたが、プリント基板は捨てずに残してました.部品取り基板としてガメていたDDSやAITのプリント基板もありました.懐かしい.

そんなこんなで溜まったジャンクプリント基板が洗面器に山盛りぐらいの量になって邪魔になったので捨てることにしたけど、燃やさないゴミとして回収してくれるのかどうか不安でした.

「これは回収できません」というシールが貼られてゴミ捨て場に残っていたらスゴスゴと引き下がろうと思っていたので、昼頃にゴミ捨て場をチェックに行ったら、、、、まだ回収車が巡回してないようで他のゴミもろとも残っていました.

がっ、なにかの違和感で脳の奥がチリチリとします.

自分が捨てたジャンクプリント基板のポリ袋だけが無いんです

物好きがいるもので、ジャンクプリント基板が満載された袋を持ち去った猛者がいたようです.

ジャンクプリント基板からは金やレアアースが採れるらしいですが、身近に処理業者がいてグラムいくらで買い取ってくれるという話は聞いたことがありません.

なにが嬉しくて持ち去ったのか? 持ち去った人はその後わたしのプリント基板で幸せを掴むことが出来たのでしょうか? 心配でなりません.持ち去った方のご多幸をお祈りいたします.

かしこ


人気ブログランキングへ

8 件のコメント:

  1. 「ジャンクプリント基板が満載された袋を持ち去った猛者がいた」
    目出度し愛でたしですね

    返信削除
    返信
    1. ほしけりゃ他にもあげてもいいプリント基板はあるんです

      削除
  2. 基盤作りはめんどくさいので、ついユニバーサルに走ってしまいます、と言っても最近は元気が無く、それもさぼっています。
    DACやDDSなどの基盤は興味があるのですが、体力がついて行かず、残念です。

    さて換わって youtube に出ていた フリクションボール (水性消せるボールペン) 
    買ってしまいました、これは今までと違い発熱で消すと言う、海外でも話題になっていて つい釣られてしまいました。

    裏技はドライヤーを当てれば、一挙に消せ、冷蔵庫で全部再発色するそう 下書きに都合良いそうです。

    返信削除
    返信
    1. フリクションは発売間もない頃から病みつきで常時使っています.便利商品です.

      削除
  3. ニールスボーアは彦坂忠義の理論を剽窃したのか?
    http://www.nucl.phys.tohoku.ac.jp/~hagino/lectures/nuclphys2-10/hikosaka.pdf

    返信削除
    返信
    1. ボーアって東北大を訪問したんですね.遠路はるばるとよく来るわ.

      削除
  4. アインシュタインも来てるんですね。しかも松島遊覧してる!!
    http://homepage2.nifty.com/einstein/contents/relativity/contents/relativity135.html

    ウチの東芝DCモーター扇風機が壊れました。 中を開けるとDC24V1AのSW電源のDiとチップ抵抗が焼けてました。 ジャンク基盤から探すのも面倒なので1N4007を買おうと探すと、なんとAmazonで簡単に買えるんですね~! 10個120円送料80円。手間がかかる仕事だなぁ~ 

    返信削除
    返信
    1. 飛行機で12Hってわけに行かないあの時代に遠路はるばるよくぞ来たもんです.
      しかも日本国内も結構あちこち移動してるんで、疲れそうです.

      わたしもDC扇風機ほしいです.

      削除