2017年7月11日火曜日

AdSenseを中止しました! 当ブログには性的コンテンツが含まれております、だってさ

昨日から、病床に臥せっております.

さてGoogle AdSenseから、警告メールを頂戴しました.
「性的なものを暗示するコンテンツや性的興奮を与えることを目的としたコンテンツのあるページに Google 広告を掲載することは許可されません。次に例を示しますが、これらに限定されません.例:ポルノ画像、動画、ゲーム、性的欲求を刺激するテキスト、画像、音声、動画」

その問題となる当ブログ記事は2012年に書かれたこれだとgoogleは言ってます.
googleは文章や画像の何処が性的妄想なのかを具体的に指摘してはくれません.

文章には性的妄想を逞しくする成分は無いと思うので、いずれかの画像が性的妄想なのだと思います.性的妄想成分を含むとするならばこの画像かなぁ? だとしたらこれのどこが性的妄想なのか不明.ただの難癖じゃないか?

此処のサイトではないのですが、近頃、他でも似たような警告メールをgoogleから受け取りました.googleの運営方針がポリティカルコレクトネスポリシーの厳格適用を志向するように転換されたのだろうなと想像していたところ、またgoogleから難癖つけられたというわけです.そのうち「メリークリスマス」と書いたら警告されてしまうのだろうかw

背景として、youtubeにてヘイト動画へ広告が出てしまうため広告主がyoutubeへの広告出稿を止めたと云う件を耳にしていました.youtube/googleのビジネスモデルが詰んでしまうので大変です.一説によるとyoutuberの収益も終わったと騒がれているのだとか(詳しくは存じませんが)

ポリティカルコレクトネス対応のためサイトの選別を強化すべくgoogleが「フェチ発見AI」を走らせたら2012年に書かれた此処の記事が引っかかったのだろうなぁ、うへへ

世の中のイラストレータの皆さんもお気をつけください.というかフェチを目的として描かれるわけですから余裕で半分ぐらいは引っかかる気がするのだがw

というわけで、AdSenseを中止しました.従来右上に表示されていました広告が無くなっている事に気づかれる事と思います.

すっきりしたデザインになりましたので今後ともよろしく.

かしこ

2 件のコメント:

  1. いつもの通りすがりの人2017年7月19日 18:09

    いや、該当はその上の方じゃないんですか?
    よく見ないと判らない位のパンチラまで発見してしまう、googleのAI恐るべし・・・

    返信削除
    返信
    1. そっちでしたかぁ、、、AIのくせに憎いところに感付くものですな.フェチをも理解できるAI.

      ちなみに、さらにその上の画像は有名なアニメ監督の名前入りのTV放映シーンなのでAIも大目に見てくれてると期待しているわたしです.

      削除