2017年7月2日日曜日

proxxonフライス盤をCNCに改造する (35) A4988熱対策完璧版

昨夜は北千住を案内され、日本酒ゴクゴクの日でした.呑みすぎたようで、記憶が途切れがちです.

土曜の17時でまだ明るいうちから呑み屋が繁盛してる北千住と云う街は不思議です.馬券売り場があるわけでもないのにどこからそんなに大勢の呑み人が沸いて出てくるのか???

もう一つ、やや不思議なことがありました.目的のお店(上写真)の近所をフラついていたところ、40歳ぐらいの女性から「このお店にはよく来られるんですか?」と話しかけられました.「いいえわたしは地元じゃないんで」「どこからですか?」「目黒区です」「わたし目黒区の方とお会いしたかったんです」「え、なんでまた?」という会話が進行します.
「え~と目黒ですと、、、明日の選挙でこの人に入れて欲しいんです」
「あ、斉藤さんじゃないですか、知ってますよ」
「入れてもらえませんかぁ?」
「えっ、斉藤さんは鉄板じゃないのかな、公明と都民ファが12フィニッシュで、自民の二人が喰い合って3位争いなんだもん、余裕余裕でしょ?」
「そんなコトないんですぅ、今回の選挙はどこも厳しいんですよ~」
「へぇそうなんだ、でもゴメンね期日前投票で鈴木たかみっちゃんに入れちゃったんだよね~オレ」
そんな会話をしていたところでわたしを探す呑み面子が目に入ったので会話は中断になりました.見ず知らずの通行人への営業活動ご苦労様でございました.

-------
フライス改造の話に戻ります.

↓当連載の34回目は5月20日でした.1ヶ月以上何もしなかったのには理由がありまして、これが届くのを一日千秋の思いで待っておったからなのです.これは放熱器用の接着剤です.
↓放熱器用接着剤を一日千秋の思いで待っておったのには理由がありまして、Arduino CNC shield A4988の付属放熱器をチップコンに干渉せぬよう瞬間接着剤で固定したけど熱で瞬間接着剤が劣化してポロッと取れちゃうんです.
↓それに加えて季節は移り変わり気温が上昇するにつれ、付属放熱器では持たなくなり、A4988の熱保護回路が働くようになりました.それで右の大型の物を買いました.
↓これが強化放熱器の取り付け後の姿.これならA4988も心穏やかに動いてくれると期待したのですが、放射温度計で測った放熱器温度は80℃(室温27℃)にもなっていて、ジャンクション温度は90℃か100℃か、、、とてもじゃないが安心して使えません.
↓邪魔だからやりたくなかったんだけど、手持ちのファンで強制空冷としました.これで放熱器温度は40℃未満になりました.クールだわ.
結局これかよと思ふ.

かしこ

3 件のコメント:

  1. 逆ナンだと良かっのにね(笑)

    返信削除
    返信
    1. ギャルにひょいひょい付いて行ってしまって後から未成年なんですと打ち明けられたら芸能人人生が台無しになるところでした.CMも打ち切りです.

      削除